1. >
  2. >
  3. 株式会社ドワンゴ 代表取締役会長 川上量生氏
  1. >
  2. >
  3. 株式会社ドワンゴ 代表取締役会長 川上量生氏
株式会社ドワンゴ 代表取締役会長 川上量生氏

株式会社ドワンゴ 代表取締役会長 川上量生氏

1996年日本での活動が始まった

インターネット上で様々なサービスを展開し、最近KADOKAWAと合併したことでもよく知られる会社として「株式会社ドワンゴ」があります。
ドワンゴは元々オンラインサービスを展開していたアメリカの会社が使っていたものを譲り受けたもので、DialupWideAreaNetworkGamingOperationの頭文字から取られています。
このドワンゴがスタートすることになったのは1994年で、本格的に日本において活動を開始することになったのは1996年、まさにIT革命とITバブルに湧いたその時代でした。

今回紹介するキーパーソンはそんな株式会社ドワンゴの代表取締役会長であり、1996年の当時から会社を支えている人物である「川上量生」氏です。
ドワンゴの名前と合わせて「カワンゴ」という愛称で呼ばれることもある人物として知られています。
では、川上氏はどのような経緯で今のような立場になることになったのでしょうか。

川上氏の来歴

愛媛県で生まれ大阪府で育ち、京都大学を卒業した川上氏は、いきなりドワンゴを設立したわけではありません。
始めはソフトウェアジャパンという会社に入社し、サラリーマンとしての生活を送っていました。
その仕事を通じて後にドワンゴの取締役となることになるマイクロソフトの人物と出会い、そこからドワンゴを設立することになります。

最初はオンラインゲーム専門の会社として設立されたのですが、次第にサービスは広がっていき、どちらかというとゲーム以外の部分で有名になっていくことになりました。
特に注目を集めることになったのは着信メロディーなどの携帯電話業界での活躍です。
ちょうど携帯電話が大きく普及している時代であったということもあり、ドワンゴは大幅な成長を遂げることになります。
その後も川上氏は新しいことを目指す姿勢を忘れず、会長職をしながらも同時にジブリに見習いとして入社するなど、フットワークの軽さが注目を集めています。

Related Articles